夏用マスクを作ってみました!

2020年6月19日

今年の夏、まだまだマスクは必需品ですが、熱中症対策として、密にならないところではマスクを外すようにとのお達しも。
とはいえ、マスクを外しているのは、なんだか心配…。
普通のマスクでは暑いから、夏用のマスクに変えようかなと思い調べてみると、巷には夏用マスクが溢れてきていますが、お値段が意外と高い。

そこで、またまたマスクを作ってみました!
今度は夏用マスクです。
使用するのは、ダイソーさんで売っていた「ネックカバー」。





本来は、炎天下での作業時に首元に付けて、直接日光が当たるのを避けるためのものなのですが、パッケージに「涼しくドライ」と書いてあるので、これを使うことに決定(^ ^)。

ネックカバーを3分の1ほど折り(Ⅰ)、左右に切り込みを入れます(Ⅱ)。
それを元に戻せば耳にかける部分のできあがり(Ⅲ)。


(Ⅰ)



(Ⅱ)



(Ⅲ)



あっさり、夏用マスクができました。

着けてみた感じは、元々薄手のものなので、とりあえず軽い。
密着感はありますが、あまり苦になりません。しかも、首元までカバーしてくれます。





ただ、あまりに薄すぎて飛沫を抑えることが難しいかもしれないので、ガーゼを下に入れると安心感が違います。
その際は、薄めのミント水を作ってガーゼにほんの少しだけ吹きかけると、より涼しさを感じます。
ちなみに、ミントはそのまま使用すると気分が悪くなることもあるので注意してくださいね。
さらに表側には、マスク用の抗菌スプレーをシュッと吹きかければ、なお安心。

ネックカバーが黒で味気ないので、転写シートでワンポイントを入れても可愛いと思います。





普通のマスクよりは効果は劣るため、屋外で、マスクを外していてもいいという状況だけれど、マスクがないとちょっと心細いな、というときに試してみてはいかがでしょう。